チタコーライブラリ
  1. トップページ
  2. > スタッフブログ
  3. > 【知っておくべき】学校で教えてくれないお金のハナシ

2017.1.1
【知っておくべき】学校で教えてくれないお金のハナシ

こんにちは、チタコーの谷川です。

 

日本の学校では、お金に関する事を学ぶ機会が

少ないと言われています。

難しい用語を使ったり、センシティブな問題があったり、

そのため、「お金=触れてはいけない話題」という

イメージが先行してしまっているのかもしれません。

 

今回は、ローンに関する用語をまとめましたので、

お金に関する知識を高め、自分にあった

ライフプランを立てていただければと思います。

 

 

金銭消費貸借契約


 

お金を貸し借りする契約の正式名称です。ローン契約のことです。

 

 

債務、連帯債務


 

債務とはお金を返済しないといけない義務の事です。

連帯債務は連帯して負う債務の事です。

連帯とは主債務者と同じ義務を負うこととほぼ同じ意味です。

 

 

金利


金利とは借りたお金にかかるレンタル料のようなものです。

年間の金利1%の場合100万円借りていれば

1年で1%の1万円を貸してくれた人へ払うと言うことです。

 

 

元利均等返済


返済する元金と利息の割合を調整し、

支払額を一定にする返済方式です。

返済金額が返済当初は少なく済みますが

総支払額が多くなってしまう傾向にあります。

 

元金均等返済


返済する元金を毎回一定に固定し支払う方式です。

最初のほうの支払額が高くなりますが元金を早く返せる分、

総支払金額は少なくなる傾向にあります。

 

変動金利


返済にかかる金利が決められた期間で変動する為、

借入時では返済額が全く分からないローン商品です。

うまく行けば安く済みますが安定しません。

 

 

3年・5年・10年固定金利、フラット35


金利を固定し対象期間の返済額を一定にする商品の事です。

借入時に返済額を想定できるので安定した返済が可能です。

固定期間が長いほど金利が高くなる傾向があります。

 

 

すまい給付金(住宅ローン減税、住宅ローン控除)


お家を買うと所得税が10年間最大400万円減税される制度です。

お給料の手取り額が増えますので家計が楽になります。

この制度と組み合わせる事によって実質の負担が

家賃より安くなるケースがあります。

 

 

団体信用生命保険


住宅ローンの債務者などに何かあった場合、

ローン残高の全額が弁済される生命保険のこと。

「団信」と略されます。

団信に加入できないと借りられる選択肢が大幅に減るので

「若いうち、大病をする前にローンをした方がいい」

と言われるのはこのためです。

 

 

まとめ


今回ご説明した内容もほんの一部です。

まだまだ知っておくべき事はたくさんあります。

まずは、資金計画セミナーなどに参加して見ましょう。

無料のものがおおいので、そこで契約しないと帰れない・・・

なんてことはありません。

いくつも参加する必要はありませんので

土地や建築など幅広く知識がある会社で

参加されることをオススメします。

 

 

 

⇒チタコーのイベント情報はコチラ


ページの先頭へ
各種お問い合わせ・ご相談
ご家族の家づくりの不安を解消いたします。家づくりの成功へ踏み出そう!
お電話でのご相談・資料請求はこちらまで
0569-26-1681
メールでのお問い合わせはこちら