チタコーライブラリ
  1. トップページ
  2. > スタッフブログ
  3. > 2017年01月の記事一覧


こんにちは、チタコーの谷川です。

 

不動産を購入するときにはよく

価格の10%程度の諸費用がかかるなどと言われます。

しかし、購入後はどうでしょうか?

購入の部分しか教えてくれない不動産屋さんだったら・・・。

 

今回は、ライフプランに大きく関わってくる

購入後の費用をお伝えします。

 

 

固定資産税・都市計画税


不動産購入を考えている人の多くに認知されている固定資産税。

毎年4月頃に納付書が届きます。

多くの人が固定資産税と呼んでいますが

同時に都市計画税も課税されていますので

正しくは「固定資産税・都市計画税」です。

*固定資産税・都市計画税の目安

詳しくは担当者に聞いてみましょう!

 

 

不動産取得税


初めは知らない人が多い不動産取得税。

不動産を取得した際にかかります。

0円で取得してもかかる場合があります。

しかし、住居を取得した際には軽減措置があります。

軽減措置を受けるためにも必ず申告をしましょう。

取得後60日以内に都道府県税事務所へ申告が必要です。

 

 

 

住宅ローンの返済


住宅ローンの返済は、フラット35のように一定であれば

予測が立てやすいのですが変動金利や3年固定金利などを

選択している場合は、金利変更時期に出費が増えることを

予測しておかなければいけません。

借り換えや繰り上げ返済を行って

総支払額を減らすことも有効な手段です。

 

 

リフォーム費用&メンテナンス費用


中古物件では特に注意が必要なのは

リフォーム&メンテナンスの費用です。

築10年20年となってくれば

外壁の塗装や水回りの交換などの必要性があります。

長く住めるようにするためにもメンテナンスを

ライフプランに組み込んでおきましょう。

 

 

管理費、借地料、修繕積立金


マンションについてくるものが管理費と修繕積立金です。

修繕計画や管理組合の取り決めによって変わりますので

事前に確認しておきましょう。

借地料は借地権付きのマンションなどの場合に支払います。

 

 

外構工事費用


一戸建ての場合外構工事費用が含まれないことがあります。

その場合は購入後に外構工事を行わなければなりません。

後でやればいいと考えている方は一度考えてみてください。

雨が降ると家も車もドロドロになりますよ。

 

 

家具購入費用


意外に見落としがちな家具購入費用。

家の見積もりに入っていれば・・・と思っても

ワンストップで行っているところは限られています。

せっかくの新居なので新居にあった家具にしたいですよね。

 

 

まとめ


購入前にライフプランを立てましょう。

大切なのは未来にどの程度お金が必要なのかを知ることです。

知らなければ対策できません。

 

専門家に相談すれば、実際にプランを立てるだけではなく

プランが実現する為のアドバイスももらえるかもしれません。

不動産の取得もお考えなら不動産の相談も一緒にできる

チタコーポレーションがオススメです。

 

 

⇒ライフプランの相談はコチラ


ページの先頭へ

こんにちは、チタコーの谷川です。

 

日本の学校では、お金に関する事を学ぶ機会が

少ないと言われています。

難しい用語を使ったり、センシティブな問題があったり、

そのため、「お金=触れてはいけない話題」という

イメージが先行してしまっているのかもしれません。

 

今回は、ローンに関する用語をまとめましたので、

お金に関する知識を高め、自分にあった

ライフプランを立てていただければと思います。

 

 

金銭消費貸借契約


 

お金を貸し借りする契約の正式名称です。ローン契約のことです。

 

 

債務、連帯債務


 

債務とはお金を返済しないといけない義務の事です。

連帯債務は連帯して負う債務の事です。

連帯とは主債務者と同じ義務を負うこととほぼ同じ意味です。

 

 

金利


金利とは借りたお金にかかるレンタル料のようなものです。

年間の金利1%の場合100万円借りていれば

1年で1%の1万円を貸してくれた人へ払うと言うことです。

 

 

元利均等返済


返済する元金と利息の割合を調整し、

支払額を一定にする返済方式です。

返済金額が返済当初は少なく済みますが

総支払額が多くなってしまう傾向にあります。

 

元金均等返済


返済する元金を毎回一定に固定し支払う方式です。

最初のほうの支払額が高くなりますが元金を早く返せる分、

総支払金額は少なくなる傾向にあります。

 

変動金利


返済にかかる金利が決められた期間で変動する為、

借入時では返済額が全く分からないローン商品です。

うまく行けば安く済みますが安定しません。

 

 

3年・5年・10年固定金利、フラット35


金利を固定し対象期間の返済額を一定にする商品の事です。

借入時に返済額を想定できるので安定した返済が可能です。

固定期間が長いほど金利が高くなる傾向があります。

 

 

すまい給付金(住宅ローン減税、住宅ローン控除)


お家を買うと所得税が10年間最大400万円減税される制度です。

お給料の手取り額が増えますので家計が楽になります。

この制度と組み合わせる事によって実質の負担が

家賃より安くなるケースがあります。

 

 

団体信用生命保険


住宅ローンの債務者などに何かあった場合、

ローン残高の全額が弁済される生命保険のこと。

「団信」と略されます。

団信に加入できないと借りられる選択肢が大幅に減るので

「若いうち、大病をする前にローンをした方がいい」

と言われるのはこのためです。

 

 

まとめ


今回ご説明した内容もほんの一部です。

まだまだ知っておくべき事はたくさんあります。

まずは、資金計画セミナーなどに参加して見ましょう。

無料のものがおおいので、そこで契約しないと帰れない・・・

なんてことはありません。

いくつも参加する必要はありませんので

土地や建築など幅広く知識がある会社で

参加されることをオススメします。

 

 

 

⇒チタコーのイベント情報はコチラ


ページの先頭へ

こんにちは。チタコーの谷川です。

突然ですが生命保険に加入していますか?

 

自分や家族の将来に備えるために、生命保険選びは重要です。

ですが、その選び方はどのようにすればよいのでしょうか。

どんなものがいいのかわからないなんてことありませんか?

 

実は生命保険と不動産は関係があるんです!

生命保険の選び方の参考例をお伝えしながら

不動産との関係もお伝えしたいと思います。

 

 

30代、40代、50代の既婚者の方は特に死亡保障を手厚く!


 

既婚者になる30代、

子育てが本格的になる40代、

学費の負担などが大きくかかる50代

死亡保障を手厚くして、残された家族の今後の生活費や、

学費などの進学費用に備える必要が生じます。

いずれはお子さんも自立するようになりますので、

それほど貯蓄性は高くなくとも良いかもしれません。

 

 

ライフステージによって、必要な生命保険は変わる


 

ライフステージ、ライフスタイルによって、

必要な生命保険は異なります。

自分自身の将来の支出がどれぐらいになるかわかれば

予測を立てて生命保険で備えることができるようになります。

ライフステージが変化することによって、

貯蓄に力を入れるか、死亡保障を手厚くするかなど

保険の見直しも必要です。

 

 

終身保険か定期保険か


 

生命保険には、終身保険か定期保険かの違いもあります。

終身保険は若い頃から加入していることによって、

保険料が割安で受けられるなどのメリットがあります。

一方、定期保険は、補償額が同一でも、

終身保険より割安でお得です。

一定期間だけ保険による保証を厚くして備えたい、

というようなニーズに適しています。

そうしたところも選んでいく必要があるでしょう。

 

 

団体信用生命保険で保険料を節約


 

住宅ローンの多くに、実は「団体信用生命保険」という

保険がセットでついています。

これは万が一契約者の方へ何かあった場合に補償が受けられ、

住宅ローンが全額弁済されます。

つまり、住宅ローンを返さなくてもよくなるのです。

家を買って家族の安心も手に入れられます。

注意点は健康な時にしか入れないことです。

 

 

年齢やライフプランによって最適な生命保険は違います。

そんな時はすまいだけでなくライフプランニングもチタコーへ

ぜひご相談くださいね

 

⇒ご相談はこちらから


ページの先頭へ

どうも、チタコーポレーション谷川です。

 

不動産購入や家の建築は夢が膨らみますよね。

しかし、そこには資金計画が必要です。

では、実際にどのくらい借りられるのかわかりますか?

今回は、借入金額を知る方法をお伝えいたします。

 

 

住宅ローンシミュレーション


借入できる金額は、

①源泉徴収票もしくは直近の給与明細

②金利の分かる資料

③その他借入がある場合の月額支払と残高

があれば簡易的に計算することが可能です。

住宅ローンのシミュレーターはネットで検索すると

たくさん出てきますが中身はほとんど一緒です。

 

 

借入金額一例


年収別 固定金利1.5% その他借入無しの場合

年収400万円 3,810万円

年収500万円 4,762万円

年収600万円 5,715万円

※35年固定 元利均等方式にて計算

 

 

金融機関の仮審査をオススメします


簡単なシミュレーターでの金額は参考程度です。

ぜひ金融機関による仮審査を行いましょう。

デメリットは書類を集めることくらいです。

必要書類もすぐ集められるものばかりです。

どこかへ一つ出しておくことをオススメします。

 

まとめ


チタコーポレーションでは仮審査の受付が可能です。

見知らぬ金融機関に一人で行かなくても大丈夫。

例えば土地の話のついでやイベントのついでに

融資仮審査の手続きができます。

手間が無く、安心のワンストップサービスです。

 

⇒チタコーへ来店予約はコチラ

⇒チタコーのイベントはコチラ

 


ページの先頭へ

どうも、こんにちは。チタコーの谷川です。

愛知県は地震がくると言われている地域ですが

災害への備えは大丈夫ですか?

住んでいる地域がどのような地域かご存知ですか?

特にマイホームを買う前というのは、

過去の浸水被害や避難所の有無は

事前に把握しておきたいですよね。

 

そこで役に立つのがハザードマップです。

今回はハザードマップのことをお伝えします。

 

ハザードマップはどんなものですか?


ハザードマップとは、国土交通省や自治体が

発表している災害や防災に役立つマップです。

地震発生時の被害予測などを記したものです。

その他にも標高や避難所を記した防災マップ、

過去の水害実績を記した浸水実績図があります。

 

 

どこで手に入りますか?


現在は多くの地域がインターネットに対応しており、

国土交通省ハザードマップポータルサイトから

閲覧することができます。

自治体の多くは紙のものが配布されておりますので、

万が一の保管用に取得しておくとよいでしょう。

 

 

どういうところを見ればいいですか?


どんな地域でも事前に知ることで対策が可能です。

まずは防災マップで近くの避難所までのルートを

確認しておきましょう。

あとは、浸水実績図にて過去の浸水状況も確認しましょう。

浸水が心配ない地域であれば火災保険の水害部分を

見直してもいいかもしれません。

 

 

気にし過ぎは逆効果です。


自分の住んでいるところが大変危険な場所のように

思って対策をするのはいいことなのですが、

あまりに細かいところを気にし過ぎてしまうと

安心した生活が送れなくなってしまいます。

こうしたことをきっかけに皆で協力し、

災害に備える意識がいい結果につながると思います。

 

 

まとめ


ハザードマップは予測なので絶対ではありません。

耐震性能の高い家の中で家具が倒れて怪我や

最悪の場合死亡するケースがあります。

揺れを減らす減震ブレーキの家なら

家具の転倒リスクも抑えられます。

自己責任だからこそ、災害への対策は

しっかり見極めることをオススメします。

 

⇒減震ブレーキ工法 詳しくはコチラ

⇒減震ブレーキのお問い合わせはコチラ

 


ページの先頭へ
各種お問い合わせ・ご相談
ご家族の家づくりの不安を解消いたします。家づくりの成功へ踏み出そう!
お電話でのご相談・資料請求はこちらまで
0569-26-1681
メールでのお問い合わせはこちら